ふりはた綜合法律事務所ブログ

ふりはた綜合法律事務所の日常をつづる弁護士日記

Milk Tea Crazy(三浦弁護士)

 突然ですが、私は缶ミルクティ愛好家です。

 

 自販機の暖かい缶ミルクティをすすりながら図書館で受験参考書を開いていた高校時代、缶ミルクティの魅力にはまり、以後現在に至るまで、缶ミルクティの新商品が発売されればとりあえず試飲してみる習慣が続いています。

 190ml以下サイズの新商品を発見した日にはそれはもう、軽くテンションが上がったります。

 

 基本的な私の好みは、牛乳も紅茶も濃く、甘さ控えめというもので、冬は暖めたもの、夏は冷たいもの、どちらも好きです。

 ペットボトルのミルクティやボトル形状の缶ミルクティはどうも好みではなく、私の中では完全に別ジャンルにカテゴライズしています。おそらくは「缶の飲み口」が重要なのでしょう。

 

 平成の初め頃に売られていた「アートロイヤルティーオレ」はベストに近く(大好きだったはずが名前うろ覚え、思い出の中で過度に美化されている可能性高し)、大体同じ時期に売られていた、学部の生協売店でいつも購入していた190mlサイズの午後の紅茶ロイヤルミルクティは、すっきりした苦みと程良いコクがあり美味しかった記憶があります。

 司法試験受験生時代に愛飲したダイドーのデミタスティはやや甘みが強いものの特濃のコクが魅力、数年前たまにコンビニで見かけた、女性のボディを思わせる魅惑のくびれを持つ缶形状の、JTのティーオレなどもポイントの高い味だったと思います。

 

 現行商品では、1位はなんと言っても、滅多に見かけないのが残念な伊藤園のTEA'S TEA 50%ミルクティー、次点は後味の強い渋みがほんの少し残念な午後の紅茶エスプレッソティ(青い缶のほう)、その次が紅茶花伝プレミアムティーラテ、4番手がジャワティロイヤルミルクティーあたりでしょうか。

 

 缶ミルクティは新商品が発売されてもあっという間に消えてしまうことが多く、メーカーは商品のライフサイクルを非常に短く見積もっているように感じます。

 また、リニューアルに伴い、薄味に改悪される傾向が強いのが残念です。

 缶ミルクティ自体を扱っていないコンビニも多く、必ずしも一般的な人気商品ではないようです。私のような少数の愛好家が固定購買層として買い支えているのでしょうか。

 上に挙げたエスプレッソティなどは190ml缶ミルクティとしては比較的長寿商品になりつつあるのは、嬉しい限りです。愛好家目線で言えば「目新しさ」よりも重要な購入動機があるように思うのですが...。

投稿者 ふりはた綜合法律事務所 | 2012年6月 7日 12:34

プロフィール

ふりはた綜合法律事務所

〒514-0009
三重県津市羽所町700番地 アスト津8階
TEL. 059-223-0012 0120-21-3410
(法律相談受付専用ダイヤル)
FAX. 059-223-0026

テーマ
最近の記事

RSS

本サイトキャプチャー

本サイトはこちら