ふりはた綜合法律事務所ブログ

ふりはた綜合法律事務所の日常をつづる弁護士日記

東電社員殺害事件再審無罪判決について(降籏弁護士)

東電社員殺害事件において、やっと東京高裁の再審無罪が確定しました。

この事件については、今橋下徹市長が批判している週刊朝日の連載記事の執筆ジャーリストでもある佐野真一氏がまとめた東電OL殺人事件という新刊書が出たころ、それを購入して読んだ時からずっと関心をもっていたので、やつとその結末が出たという意味ですっきり感と安ど感があります。

日本では、例のごとく今になって、捜査や司法の問題点を検証すべきと言う、最もではあるが、ある意味軽い、他人事のような主張が展開されています。検察庁は、被告人のマイナリさんに謝罪をしましたが、検証を行うとは言っていません。

検察庁とすれば、起訴の時、控訴の時、上告の時など折にふれて組織内で検討を重ねてきていたはずで、今さら新たに検証することはないという気持ちはある意味仕方のないことだと思います。

検察庁や警察は、犯罪を捜査し、犯人を裁判にかけることが仕事で、その過程で悪意、重大な職務の懈怠でもあれば別として、熱意をもって犯罪を憎み、全力で犯人を有罪に導き、被害者のために全力を尽くそうとするわけで、そうしようとすればするほど考え方と行動において積極につき進むのが自然の組織なのです。

だから、刑事裁判は、弁護人がつき検察と対峙し、捜査機関とは別の裁判所の裁判官が判断するシステムが取られているのです。

検察庁は、絶対に無実の人を起訴してはいけないというのは当然の話ですが、人間のすることなのでミスがあるかもしれない、だから裁判があるわけです。

今回の事件でも、当初の東京地裁では無罪の判決が出ているのですから、司法制度がここまでは正常に機能していたのです。ところが、東京高裁で有罪に逆転し、最高裁もそれを追認したことが間違いだったのです。

今回も、またあれもこれも反省すべきと言うと、またみんなが少しずつ悪く結局誰も悪くないようないつもの幕引きに終わってしまいます。

今回は、端的に事実認定をし直して有罪にした東京高裁の間違った判決を検証批判すべきものと思います。

投稿者 ふりはた綜合法律事務所 | 2012年11月 8日 11:48

プロフィール

ふりはた綜合法律事務所

〒514-0009
三重県津市羽所町700番地 アスト津8階
TEL. 059-223-0012 0120-21-3410
(法律相談受付専用ダイヤル)
FAX. 059-223-0026

テーマ
最近の記事

RSS

本サイトキャプチャー

本サイトはこちら